建設業許可について

  • HOME »
  • 建設業許可について

建設業とは

建設工事の完成を請け負う業務であり、元請、下請、いかなる形態であるかは問われません。

建設業を営もうとする方は,下記に掲げる軽微な建設工事のみを請け負う場合を除いて, 原則として許可を受けなければなりません。

 

建設業許可とは

建設業許可には、現在29の業種が用意され、該当する建設業を営もうとする場合、その業種の許可が必要になります。(下記記載の、軽微な工事は除く)
例えば、内装工事の許可があれば、内装工事を行えますが、電気工事については別途電気工事の許可を取得する必要があります。

※平成28年6月以降、元々の28業種に解体業が追加され29業種に変更されました。

軽微な工事(許可が必要ない場合)

1、建築一式工事の場合(下記のどちらかに該当する場合)

・工事1件に対する請負金額が税込1500万円未満の場合
・請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住の用に供するものをいう)

2、建築一式工事以外の場合

・ 工事1件に対する請負金額が税込500万円未満の場合

PAGETOP
Copyright © 東京建設業許可支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.