営業所があること

営業所とは、本店・支店・または常設建設工事の請負契約を締結する事務所をさし、一般的には下記の要件を備えている必要があります。

  1. 外部から来客を迎え、建設工事の請負契約締結などの実体的な業務を行っていること
  2. 電話、机、各種事務台帳など事務用品を備えていること。
  3. 契約の締結などが出来るスペースがあり、かつ、居住部分や他の事業者と明確に区分されて独立性があること
  4. 営業用事務所としての使用権があること(住居専用契約は原則不可)
  5. 看板、標識など外部から建設業の営業所であることがわかるように表示してあること
  6. 経営業務の管理責任者または第三条使用人が常勤していること
  7. 専任技術者が常勤していること

以上

この営業所の定義は、許可要件の中でもハードルの一つであり、個人事業主にはかなり証明が難しいとされます。
(単なる登記上の本店、事務連絡所、工事事務所、作業所などは営業所に該当しない)

また、申請書受付時に営業所の要件を満たしているか立ち入り検査の可能性があることから、申請前に要件の再確認と事前準備が必要です。

PAGETOP
Copyright © 東京建設業許可支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.