内装工事業・内装仕上工事業の建設業許可ならお任せください!

  • HOME »
  • 内装工事業・内装仕上工事業の建設業許可ならお任せください!

内装工事・内装仕上工事とは?

日本の建設業は、現在29業種に指定されている物を指し、ここではその内装仕上工事(以下、内装工事)に注目していきます。
そもそも皆さんの仕事は内装工事なのでしょうか?

主に、内装工事は 木材、石膏ボード、吸音板、壁紙、たたみ、ビニール床タイル、カーペット、ふすま等を用いて建築物の内装仕上げを行う工事(インテリア工事、天上仕上工事、床仕上工事、家具工事、防音工事)とされ、具体的には壁紙の張替などのリフォーム工事が有名です。
ただ、中には、電気工事を伴っている物もあり、その場合にはどんな業種で許可を取ればいいのか、などは非常にわかり辛く、間違っていた場合は工事が出来ないケースも考えられます。

建設業許可は必要?

内装工事の場合、原則としてその一件の工事請負代金が500万円以上の場合は工事許可が必要です。
内装工事では500万円未満で収まる工事も少なくありませんが、許可がない場合はそもそも請け負う事が出来ません。
そういった契約の制限を無くす為に、もしくは、許可を持つことで信用性を上げるために、
余裕を持って事前に許可申請をしておく業者様も少なくありません。

専門家に頼むメリット

『許可申請は専門家でなければ出来ないのですか』と聞かれることがあります。
お答えとしては、ご自身でも出来ます。

ただ、①非常に書類の量が多く、煩雑 ②書類の収集、提出、審査の時間が面倒 ③上記記載の通り、申請業種を間違えると大きな損失になる ④申請前、申請後のサポートがない
以上の事から専門家に託す事を強くオススメしています。

不安な事があれば、悩まず一度ご相談ください⇒問い合わせフォーム

PAGETOP
Copyright © 東京建設業許可支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.